山の彼方の幸せ求め・・・

通う夫(つま)

その昔、結婚してからも、ご婦人の家に通うという制度があった。
現在、そうゆう関係を恋人と呼び、男が妻帯していると愛人と呼ばれる。
古い言い方をすれば、お手掛けさん、二号さん。

ご婦人からすればそれなりに理想とする関係ではなかろうか。
たまに、家に来て食事を共にし風呂に入り床を共にする。
翌朝 帰って行く、時間が限定されるからそれなりのサービスができるだろう。
ところが毎日決まった時間に帰宅し、『風呂、飯、寝る』の三言で朝の『行ってくる』以外
あまり会話の無い夫婦関係よりは新鮮ではなかろうか。

そうなってしまった夫婦にゲームを提案します。
先に、ご主人が外国へ旅立つ、1日遅れで奥様が行く、パックでなくて航空券だけの
旅でないとゲームにならないので、ご注意を。
空港へ降り立った貴女は不安でしょう?
ご主人は迎えに来てくれなきゃ泊まる所も解らない。

この逆も面白そうではないですか? これ幸いに捨て置くのも良いでしょう。

僕が最初に、彼の人に会った日、電話で場所を伝えたがこちらの風体はご存じない。
彼の人の写真はHPで見て判ってたから面白い。
さぁ何処でしょう ? 
携帯電話を耳に当てて、僕の直前を歩いて行く長身のご婦人は直ぐに判りました。
あれからもう、1年と半年。

若い時は恋人と呼ばれ男友達、女友達だったのが、お茶飲み友達と呼ばれるように
なると、小春日和の縁先に腰かけて、お茶と漬け物をおやつにして、お互いの健康を
話し合う『ねぇ、ちょっとあんたね、この間 腰が痛いて言ってたけどどうなん?』
「うん、まだ少し痛いねん、膏薬(こうやく=シップ薬)貼ってくれますか?」
おばあさんは膝の猫を横に置いて膏薬を取りに立つ。
この方達も通い婚と読んでも差し支えないでしょう。

なんか線香の匂い迄漂ってきそうな雰囲気ですよね。
そんな日々のことに幸せを感じている、病院もそうでしょう。
病院へ行ける事を『いやぁ あんたここ(病院)へ来れる程元気になったんやね?』
「はい、先日迄しんどくて寝てましてんけど、少し良くなったなったから来ましてん」
こんな落語のネタみたいなことが老人社会には現実にあるんです。
[PR]
by kattyan60 | 2004-12-01 23:17 | 幸せの定義
<< 天国の妻へ 娘の同窓会2 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30