山の彼方の幸せ求め・・・

もう一つの生い立ち。

宇宙へ想いを馳せ、TBしたのに別の空間へ行っちゃった。
はたと気づいたら前Blogでログインしてたんだから当たり前だわ。
 
宇宙の事は、凄い人数で研究されている分野、日本を含めて得た情報はNASAの
コンピュータに日々取り込まれ続けているそうだ。
宇宙的な観点で地球のなが〜〜い過去を推測した学説は興味深い。
月は地球と親子なのか、兄弟なのか、はたまたまったくの他人なのか?
財産分与があればゴタゴタと揉めそうだ。
遺伝子検査的な事も過去に行われたそうだ。
月面に降りた時に、その細胞(岩石)を採取して持ち帰り分析したそうな。

老いたとはいえ、僕が未だ産まれる前の地球に大きな星がゴッツンコしたそうな。
そのゴッツンコで地球の一部が粉々になって空へ舞い上がり、長い時間をかけて
[ほうき(引力)]で掃き集めたのが、お月さんになったという親子説。

ゴッツンコの時にはじき飛ばされた他人説。

惑星を含む全体が雲のような時に地球と月が同時に産まれた兄弟説。
何にしてもデッカイ話しだし、なが〜く壮大なシナリオだ。
そんな昔物語りも、これからの未来に起こる現象を推定する一助となり、事前に対策を
用意する事ができるんだろう。
映画[アルマゲドン]などもそんなシナリオから生まれたストーリー。
人類に警告し、非常持ち出しグッズに宇宙での生活を想定した物も加えておく心の準備が必要でしょう。
僕は狭い空間での生活を想定し、ベッドの周りに相当な食料を蓄え、実践訓練を日々敢行している。
[一部、ディフォルメされたところがある事を認識してください、宇宙空間での非常準備品は東急ハンズにもまだ売ってません、僕が開発中です。(ボカッ) 痛てぇ〜]
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-30 10:22 | カテゴリーに入らない話
<< エネルギー不滅の法則と輪廻転生 流行り歌と遊び >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30