山の彼方の幸せ求め・・・

美術、芸術

僕は美術館を訪れるのが好きだ。
博物館へ行くのも好きだ、そこで名だたる芸術に触れると胸が躍る。
テレビのBSでよく画家の伝記やエピソードをドラマ風にしている番組も好きだ。
絵にまつわるエピソードなどが判って絵を身近に感じる。
若い頃(何歳だたか不明)、ピカソの作品が展示されると、何処かで知って京都へ
一人で出掛けた、京都近代美術館は平安神宮の傍にある。
そこで観たピカソは素晴しいものだった。
変な形の絵ではなく、素人向きの絵をきちっと描かれていた。
僕はフアンになったが変な絵は好きになれない。
大作ゲルニカは嫌いじゃない、そこに込められたメッセージは歴史と共に番組でも
実写映像を含めて流された。

10月になると奈良の国立博物館を訪れるのは恒例行事だった。
妻と毎年その日を待った。
正倉院の宝物を展示されている、その絵や文字、細工物の前に立つ時、1200年前
当時に入ってみる、書の前に座りしたためている後ろ姿が見えてくる。
絵筆を持った人がそこに居る。
彫刻刀を持ち、細工している人がちらっとこちらを見る。
そんな想像の世界へ入ると時間が足りない、妻は空腹なのか先へ進んでる。
その展示物の写真と説明のある冊子を求める、それも随分と溜まったが2000年で
止まっている。

博物館を出ると、近くにある料亭の支店でフランス料理を出す店が池を挿んで
奈良ホテルを望めるところにある。
ここで食事をするのも毎年の恒例。
3年程訪ねていない。
今度はいつ行けるんだろうと遠い日を懐かしく思う。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-29 00:58 | カテゴリーに入らない話
<< 僕が勝った 何でも食べれる。 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30