山の彼方の幸せ求め・・・

朝からどうもすいません。

その昔、レスト・ルームで新聞を広げ、煙草をくわえていると電話だと云う。
折り返しするからと家内に云うと家内は『今、トイレで頑張っていますから、かけ直すと言ってます』  嘘のつけない性格だったんだ〜
お得意さんだと報告する妻、慌てて新聞をたたみ、煙草を便器に投げ込んだ。
ギャ〜 アツウー  
火傷した部分を押さえながら出て、電話をかけるとお得意さんの受付嬢は『フッフフフ、ちょっとお待ちくださいウッフフフ』 赤面しながら待つと直ぐに常務が出てきて『急がせて悪かったですねぇ〜実は・・・・・・』 ご注文の電話に急いで服装を整えて出掛けたんです。
途中で菓子折を買って、事務所のカウンターに置いて受付嬢に「はい、皆さんで」
またもや思い出して赤面しちゃいました。
受付嬢『ヒャッハハハ、南社長赤くなってる〜』 止めろ大声で笑うなと小さな声で押さえたが時すでに遅しだなぁ〜 

妻はそのお得意さんが重要で、しかも親密で社員一同が友人のような関係と知っていたから、頑張っていると親しみを込めて言ったんだと思うが、今思い出しても確認の術がない。

火傷も絆創膏が貼れない、妻は看護婦だったので見せろと云うが、こればかりは妻でも
見せられない、密かに軟膏を塗っておいたのだ。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-27 10:44 | 仕事の話
<< そしてHug 朝からってどう? >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30