山の彼方の幸せ求め・・・

省エネ

昨今の家電製品や車は省エネの技術が進み、かなり効果をあげていると思う。
電子計算機や携帯電話の電気消費量が驚く程下がったと思います。

携帯電話ちゅうもんが出た頃は、肩から下げててもかなり重かった、その重量の大半が
バッテリーだったんですねぇ 
僕が携帯電話を持ったのはそれより少し後の家庭の電話機の受話器ぐらいになって
からです。
省エネ技術の一つは、簡単に言えば電気を点けます、消します、そして消える前に
点けるんです。
忍者(?)が水面を走るように、右足が沈む前に左足を出す、そして左足が沈む前に
右足を出す、これを繰り返すと水面を走れます。
そんな夢みたいなことを電子では出来るんです。
それは見た目には普通に点いたままに見えます、結果省エネとなるって訳です。

人間の生命も、心臓を動かす、止める、少し止めて動かせば人類は長生きとなり
100歳はまだヤングな〜んてどうでしょうか。

省エネの最高峰は人間の体の維持システムでしょうねぇ〜少ない食料でも充分
活動出来ている、うっかり食べ過ぎると貯蓄するんです、脂身にして体中に。
ご婦人方の敵と名前を変えて、お腹に肩に、顎に貯蓄していきます。

前記のギルのように背の高い人は多くの食料を消費して体を維持します。
遠い将来、食料が地球から消えないまでも生産量が減った時、人類はサイズを小さく
して生き延びなくてはならない、僕ぐらいでは まだ不足で,身長を10cmぐらいに
すると良いでしょう、現在的に考えれば[あんぱん]一つで100人のお腹を満たすことが
出来ると考えられます。
それまでは、やはり僕のサイズが良い。

今、空腹になっています、彼の人はシャブシャブを食べているそうです。
僕は[えび揚げせん]をポリポリやってます。
[お〜いお茶]を飲みながらblogを書いています。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-26 21:50 | カテゴリーに入らない話
<< アメリカ人 疑問 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30