山の彼方の幸せ求め・・・

無駄な話し

今日は夕方近くまでベッドに貼り付いていたせいか、歩くと軽く横に流れる。
気付くと道路の中央を歩いていた。
帆で走るヨットみたいでしょうか。
帆で走るヨットは横に流れ難いように板を降ろしてから走らないと効率が悪い。

今の僕も横に流れているから無駄なエネルギーを消耗し、強いては国家の無駄でも
あろうかと思うので、極力真直ぐ歩こう。

無駄と言えば電線で発生するロスは普通家庭では考えないが、そのロスは膨大な
ものとなっている。

皆さんが見かける、電車のパンタグラフのバチッバチッっと光る光も大きなロスと
言われていて、年間数億円が消えていると云う。
各電気製造会社は送電で発生するロスも巨大で、高い電圧で送れば電流が減る、
さすれば送電時のロスも減ると関東では100万ボルトの試験をしているとか
聞いたことがある。(古い知識だからもう、送電しているかもしれない)
その無駄とは熱エネルギーとなって消えている。
地球温暖化に貢献しているんでしょう。

鉄を融かす電気炉とか、溶接に使う電気は低い電圧で大量の電流を使う。
以前に受注した仕事で大きな船の錨をぶら下げる鎖の製造機械の制御装置。

直径7cmに長さが70cmの鉄棒を瞬時に真っ赤にするのに、電気を使う。
鉄の両側を挿んで流す電気は50V、電流は10万アンペアからテストです。
それに使用する電線は、子供の足程の太さがあって、電流が流れた瞬間ブーンと
なって、二本の電線が揺れたんです。

完成した機械からゴトンゴトンと鎖が出来上がります、その出来た鎖は誰が
持つのよ、 1つの輪ッかですら重くて大変です。

次回は家庭で、できる無駄を防ぐ方法を掲載しましょう。 
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-23 18:27 | 仕事の話
<< 無駄な話し2 過去の事と・・・ >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31