山の彼方の幸せ求め・・・

外国人

アメリカの2歳の子とほんの少し遊んでみました。
チョロQが好きだと云うこの子はチョロQが云えなくてカーと言います。

彼は風邪をひいてるとかで、鼻水が出て咳もしています。
英語でGohon konkon

お母さんにマミーと訛って(なまって)呼びます。
聞き取り難いけどプリーズも言ってます。

日本語を教えました、ヨッコイショ ドッコイショ
この子のグラン・マーは日本人です。
グラン・マーの日本語に所々訛ったカタカナが入ってます。
グラン・マーがバイリンガルで通訳してくれます。

英会話教室なんぞへ行かなくても、生きた英語を学べます。
ここが重要です、全部無料です、タダなんです。

僕は彼に英語で話します。
 靴を穿かせて表に行ってきますと伝えてシッツ (座れ) オー座ったぞ〜
階段を降りるのにヨッコイショ ヨッコイショ 
真似てヨッコイショ 不安定だけど、そうきこえます。
僕の顔を見て 英語で笑っています。
彼の体には1/4 の東洋人の血が流れています。
でも顔は外人です、その目は8時20分は大げさですが垂れてます。
その目で外人だと判断できますが、目はブラウンなんです。

マミーの髪はブラウンと金髪が混じっています。
足は長い、膝から下が特に長いんです。
外人のチビは居ないのかなぁ〜
僕も明日から牛を食べて、そして不経済だが足を伸ばそうと考えています。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-17 22:07 | カテゴリーに入らない話
<< 地球共和国 氾濫するカタカナ語 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31