山の彼方の幸せ求め・・・

一緒に居たい


手を繋いで歩くと暖かみが伝わって来る、歩くのには不自由だが、その温かさが好き。

テーブルを挿んで見つめる目が好き。

テーブルの向こうで食べて動く口が好き。

テーブルを挿んでする会話が好き。

そこで、始る井戸端会議が好き。

幼い頃の話を聞くのも好き。

一緒に食べて話し、見つめていれば贅沢でなくても良い。

『今日は、私が出すからね』と云う。
”ではご馳走になろうかな/”と思う。

過日、オフ会があって、一緒に行った。
僕の分迄出してくれた君。

あなたの役に立ちたいと思う僕。

あなたの喜ぶ事をしたいと思う僕。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-17 10:18 | 愛を語る
<< 氾濫するカタカナ語 ノーアイディアの夜 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30