山の彼方の幸せ求め・・・

自慢の娘婿殿

娘婿は某楽器メーカーの研究開発課に所属しています。
アコースティック・ギターを少しだけ弾く僕はクラシックも好きでして、
と云えば格好良いかな/

エルビス・プレスリー、ポール・アンカ、ニール・セダカなどで青春を過ごし、
音楽に親しむことを知ったのは、中学生の頃、ステレオのアンプなんかを
自作してた頃の話。
お小遣いを貯めたり、バイトをしたりして、部品を買いに日本橋まで自転車で行ったんで
ございます。
お母ちゃんに、古い毛布を貰って、作ったスピーカーboxの中に貼っては外し、良い音を
探して貼っては外し。

出来たシステムでレコードを聴きます、[チゴイネルワイゼン、展覧会の絵]に
エルビス・プレスリー、仏壇が揺れています、隣のおばちゃんに叱られました。

娘婿は一昨年アメリカへ出張しました。
娘からメールが来て退屈だから来いと云う。
親馬鹿な男は妻の味を継ぐ娘の手料理を期待して走った400km
娘『つわりで料理が出来ないから、外食です』と作る事ができないけれど食べれると云う。
親馬鹿な男はがっかりしながらも、久しぶりに会う娘を愛おしく思い、抱きしめてやりたい
と思うのでありました。

アメリカの婿からメールが来ました。
写真は婿が先年亡くなられたレイ・チャールズと握手しています。
婿の手を両手で握るレイ、自慢の婿殿が今度は雑誌に
早速、本屋へ行きました『売り切れています』 ガクッ 
本屋さん『何か音がしましたが』 そんな訳はないので、取り寄せを依頼。
雑誌の名前は[ミュージック・ディザイナー] 娘も僕も自慢の婿殿です。
[PR]
by kattyan60 | 2004-11-16 00:35 | カテゴリーに入らない話
<< 言魂(ことだま) コロンを着けています。 >>



ヨーガをするショコラ君
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31